マイカーローンの事前審査

憧れのマイカーを購入となると、夢も膨らみますよね。自動車ディーラーに行ってもどの車も魅力的に見えて、なかなか決められないなんてこともあるのではないでしょうか。

 

しかし、そんな夢心地で火照った気分に一気に冷や水を浴びせかけるのが、マイカーローン。さんざん悩んだ挙句に購入する車を決めたとしても、マイカーローンの審査で落とされてしまっては何の意味もありません。

 

 

そんな時は事前審査を活用しよう

高揚した気分を一気にどん底にまで落としてしまうマイカーローンの審査落ち、恐ろしいですね。購入するマイカーが決まってからマイカーローンの審査に臨むのが一般的な流れだけに、誰しもこのような可能性はあります。

 

しかし、購入する車が決定してから、マイカーローンを申し込まなければならないわけでは必ずしもありません。実は、銀行などの金融機関では「事前審査」というのを行っているのです。

 

事前審査とは、本審査の前に行われる審査であり、融資にある程度のめどをつけておく制度です。マイカーローンだけではなく、今では教育ローンなどにも広く採用されています。

 

事前審査には有効期間が設けられている

事前審査には「有効期間」が設けられています。金融機関によって有効期間の長さは異なりますが、最短で3か月程度、長い有効期間ですと1年くらいの設定がある金融機関もあります。つまり、なるべく早めに事前審査だけ受けて通しておけば、そのあと3ヶ月~1年間は審査落ちの心配をせずにじっくりと車選びに没頭できるというわけです。

 

車選びは最も楽しい瞬間の一つです。いざ購入した際のイメージが頭の中でどんどん膨らみ、しかもそのイメージを膨らませるのにはお金が一切かかりません。夢見心地な気分を長いこと堪能できるのは、至福の時といえるでしょう。

 

事前審査のメリットとは

マイカーローンの事前審査は、夢見心地な気分を長く味わえることだけがメリットではありません。

 

ディーラーが提供するマイカーローンの場合、その販売店で購入することはもちろん、購入する車種まで絞り込んだ上で申し込まなければなりません。しかし、銀行のマイカーローンは販売店や車種を特に問いませんので、自分の理想の車を妥協することなくとことん選べます。

 

事前に借入可能なことが分かっていれば、精神的にもかなり楽になります。いろいろと思案の結果、購入する車が決まったとなれば、実際の手続きも非常に早く済みます。

 

契約してから初めてマイカーローンの審査に臨むのでは、かなりの時間がかかってしまいます。ほしい車をすぐにでも納車してほしい人にとっては、審査の時間がとてつもなく長く感じるでしょう。しかし、事前審査であらかじめ審査を通しておけば、本審査も極めてスムーズに進みます。

 

その結果、納車も早く実現できるというわけです。

 

一昔前は金融機関の低金利マイカーローンは手続きに時間がかかり、納車までも長くなると言われていましたが、最近では事前審査によって早い契約が可能となっているのです。

 

事前審査に落ちたらどうするか

しかし、事前審査だからと言って審査が甘いわけではありません。そこがカードローンの仮審査とは異なる点です。

 

事前審査の結果、残念ながら落ちてしまった場合にはどのような対策をとればいいのでしょうか。

 

そんな場合には、頭金をより増やして、マイカーローンでの借り入れ分を少なくしたうえで、再チャレンジするといいでしょう。マイカーローンの事前審査は、かなり早い段階から購入計画を立てることができますので、万が一計画に狂いが生じた際にも、ダメージの少ないうちに軌道修正ができます。

 

事前審査は、条件によっては利用できない人もいるかもしれません。年齢や申込資格、お住いの場所や借りたお金の使い道などをよくチェックしておきましょう。マイカーローンの商品概要説明書などをよく読んでおくのもいいですね。

 

事前とはついていても審査には変わりはないので、マイカーローンの申し込みを進める際にはマイカーローン審査に関する内容はしっかりと見ておかなければなりません。正しく理解をした上で申し込みを進めればマイカーローンの審査もそこまで不安に感じることもなくなります。