維持費も考慮してローンを組もう

憧れのマイカーを購入する際、夢を現実に引き戻すのがお金の問題です。

 

マイカーは決して安い買い物ではありませんので、マイカーローンを組むのが一般的ですが、車両本体価格だけをマイカーローンで組めばいいわけではありません。マイカー購入後の維持費も考えた上で、マイカーローンは組むべきでしょう。

 

では、車両本体価格100万円の中古のエコカーを購入するとなると、年間の維持費はどれくらいかかるのでしょうか。

 

都心にお住いの方は、駐車場付きのマイホームは夢のまた夢です。近くに月極駐車場を借りる、あるいはマンションの駐車場を借りるのが一般的ですが、その場合でも1か月1万円、年間ですと12万円は見ておかなければなりません。

 

ガソリン代はエコカーといえどかかり、月5000円とすると年間で6万円ほど必要となります。車を走らせていなくても自動車税は支払う必要があり、34500円程度はかかります。

 

任意保険は条件によって異なりますが、年間で5万円程度、車検費用で5万円程度、そしてオイル交換などの消耗品も合わせれば、合計で年間32万4500円程度はかかります。

 

マイカーローンを組む際、頭金を多くしすぎると維持費で払うお金が無くなってきますので、これらの維持費も考慮してマイカーローンを組みましょう。

 

維持費を考慮したマイカーローンの利用となるとローンの支払い負担が重要となるため、金利が低く毎月の返済が軽くなるJAの低金利マイカーローンを使うなどを考えてみるべきです。